WEBデザイナーの仕事には、大きく分けて次の4つの業務があります。

WEBサービスを選別して利用しよう

WEBデザイナーの基本的な4つの仕事内容

WEBサービスを選別して利用しよう WEBデザイナーの仕事には、大きく分けて次の4つの業務があります。1つ目はウェブページのデザインです。イラストレーターやフォトショップ、ファイヤーワークスなどの各種グラフィックスソフトを用途に応じて使い分け、美しく機能的なウェブページのデザインを行います。2つ目がウェブページのコーディングです。これはデザインが終了した後に、ウェブページ上で実際に閲覧できるように書き出す作業です。この作業全般をコーディングと言い、HTMLやCSSといった専用のウェブ言語によって作業を行います。

3つ目はスクリプト作成です。スクリプトとは簡易的なプログラムのことを意味しており、WEBデザイナーは様々なスクリプトの中のプラウザ側で作動するスクリプトの作成を行います。この作業の際に利用されるのがジャバスクリプトと呼ばれる言語です。4つ目はフラッシュの作成です。フラッシュとはマウスによる動作に応じてアニメーションを動かしたり、動画や音声を流し始めたりするためのソフトです。フラッシュによって作りだすことができるコンテンツには様々なものがあるので、このフラッシュを専門的に作成するフラッシャーと呼ばれるWEBデザイナーの専門会社も存在しています。これらが基本的なWEBデザイナーの仕事内容です。